1. ホーム
  2.  »
  3. 採用案内
  4.  »
  5. 担当者メッセージ

担当者メッセージ

システム開発 担当者からのメッセージ

開発の仕事は、私が考えるに現状に満足することなく常に最新の技術を身に着ける姿勢が必要であることは明白です。それ以上に『好奇心』がとても大事な要素だと感じています。

主流だったシステムが、数年の間に別のシステムに取って代わっていたりします。従事する際に、それらを理解するのに労力を結構使います。でも、新しいことを覚えることが楽しめたらその労苦は心地よいものになる。ですから、『好奇心』はすべての仕事に共通して重要な要素なんですよね。

また、システム開発をしていると技術面だけではなく、伝える(伝わる)、聞く(訊く)の能力も重要だと感じます。単純にコミュニケーション能力と言えばそれまですが、1人で仕事をするわけではないので、社内外問わず相手との関係性をうまく築き、保つためにはテクニカルスキルと同様にヒューマンスキルがとても重要だと思います。

我々はそれらを一緒に習得できるような環境作りに積極的に取り組んでいきたいと考えています。




システム開発 担当者からのメッセージ

開発の仕事は、プログラミングなどの技術を持っていることが一番必要なことだと考える方も多いでしょうが、私は第一にコミュニケーションだと思います。

お客様とお話してシステムを作り上げていきますし、自社の中だけでなく、お客様の会社へ行って仕事をすることがあります。お客様の会社へ行ってそこで開発を行うということは、自社の人とではなく、他社の初めてお話しする様々な方と一緒に仕事をすることになります。

開発を行うのは自分一人ではないので、もちろんその方たちと協力して行います。「自分が今何をしていて、どんな状況か。」それをしっかりと伝えていかなければ良いものを作っていくことはできないということを、仕事を通して感じています。

様々な人と関わって仕事をすることができるということは、それだけたくさんの知識を得るチャンスがあるということです。本などで得るものもたくさんありますが、実際に経験した上で得たものは本で知ることはできません。私自身、他社で仕事をしていて本当に実感しました。

開発をしていて常々思うことは「日々勉強」です。

この仕事に就く前に、学校などで専門知識を身に着けてこられる方は多いと思います。しかし実際仕事をしていると、それはあくまでも基礎であって、仕事をする上でちょっとした手助けになる程度です。

この仕事は移り変わりが早く、次々と新しいことを取り入れていかなければならない仕事です。大変な部分は多々ありますが、だからこそ、知らないことをたくさん知っていくことができ、今までできなかったことができるようになったとき、本当に楽しさを感じることができる仕事だと思います。

上に戻る